さようならサラリーマン

アフィリエイトで月20万円稼ぐまでの道のり

あなたも簡単に『話しやすい人』になれる⁉ その3つの方法とは‼

 

あなたの周りにも「話しやすい人」「話しにくい人」がいると思います。

 

 「話しやすい人」の周りにはいつも人が集まっている印象がありませんか?

毎日楽しそうで、羨ましくも思いますよね!

 

 

 

どちらかと言えば、「話しやすい人」になりたいですよね(^^)

 

 

f:id:chimakenpapakun:20190406155522p:plain

 

 

 

 

そこで!

 

 

 

あなたもこの3つのことが出来れば、簡単に「話しやすい人」になれる‼ 

 

 

では、その方法を見ていきましょう!

 

 

 

 

 

 

その前に「話しにくい人」とはどんな人でしょう?

大体わかりますよね(^^)

「表情が怒ってそうに見える」「自分勝手」「無口」などの人ですよね。

 

では、その逆が単純に「話しやすい人」ということになります。

「いつも和かな表情」「周りの状況を把握出来る」「話題が豊富」といった感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

話しかけられたら少し眉を上に動かす

 

話しやすい人はいつも笑顔ですよね。

笑顔は相手までも笑顔にします。話しやすい雰囲気を与えてくれます。

「笑顔か‥苦手だなぁ‥ぎこちなくなりそう‥」って方もいると思います。

そういう方は、話しかけられたら少し眉を上に動かしてみて下さい

そうすることによって相手は「私を受け入れてくれる」「私の話を聞いてくれる」と思うのです。

女性は眉のメイクで表情を作るというように、眉の動きというのは非常に大切だということがわかります。

もちろん、眉になんの手入れもしていない男性でも大丈夫ですから、ほんの少しでいいから眉を上に動かしてみましょう!

 

 

 

 

 

目を見て挨拶をする

 

私の会社に挨拶をしない若い子がいます。

決して悪い子ではないのですが、なんか話難い印象です。私の方から挨拶すると必ず挨拶は返してくれるのですが(^^;;

逆にちゃんと挨拶をしてくれる子はやはり好感がもてます。しかもちゃんと目を見て挨拶してくれるので「話しかけよう」という気持ちになります

自ら挨拶をすることで『私はコミュニケーションがとれますよ!』ということを表現しているため、話しかけやすい印象を与えます。

子供の頃から、親や先生に「挨拶をしなさい」と挨拶の大切さは教わってきましたが、大人になってからも同じなんですよね(^^)

 

 

 

相槌を打つ

 

話して来られると、「次は私がなにか話題を…」 と思ってどぎまぎしたことないですか?

別にそう思わなくても大丈夫です。

「そうなんですか」「なるほど」と相槌を打ちながら相手の話を聞くことで、相手は「ちゃんと話を聞いてくれている」「もっと話がしたい」と思うのです。

話しやすい人は相槌を打つのが上手いんです!

『相槌』とは「相手の話に調子を合わせて、受け答えをすること」です。

興味のない話をして来られたとき、黙って聞いていたり、「へぇ〜」って一言だけで終わったりする人は、「そうなんですか」「しらなかった」「すごい」など的確な相槌の言葉を意識してみましょう。

慣れてくれば、相槌のボキャブラリーも増え、自然と的確な相槌が出来るようになるでしょう。

 

 

 

どうでしたか?(*^^*) 意外に簡単なことで誰でもできることでしょ?(*^^)v

私は眉なんかは勝手に上がるようになってしまいました‼(≧▽≦)

一度試してみてはいかかでしょうか?