さようならサラリーマン

アフィリエイトで月20万円稼ぐまでの道のり

会話の“間”が人間関係を良くする

私は“お笑い番組”が好きなのですが、最近はテレビの“お笑い番組”も減ってきていますね。

中でも“漫才”が大好きなので、たまにテレビで放送していると見入ってしまいます。

見てると何だか楽しく気持ちよくなるんですよね!

 

 f:id:chimakenpapakun:20190311232010p:plain

 

芸人さんが笑いを取る“話し方”にカッコ良さも感じます。

 

“漫才”は話し方やツッコミが特徴的で大切だといわれています。

 

その話し方、ツッコんだりする『間』というものが非常に大切であり、私たちを気持ち良くさせているんだと思います。

  

 

 

『間』というものは、お笑い番組や漫才だけでなく、日常にもあります。

「音楽」「建物の空間」「武道、格闘技などの間合い」などにも『間』は重要視されています。

 

 

 

 

人は他人と接する時に「間がいいな」とか「間がもたないな」とか言うように、その数秒もしくはコンマ何秒かで意識は変わってきます。

日本人は特に自分と他人との関係を重視する傾向にあると言われます。

人と人との関係を良くも悪くもするのが『間』です。

 

あなたの周りにもずっと自分の話ばかりしてくる人っていませんか?

いると思うのですが、そういう人は一緒にいてしんどいですよね。

かと言ってずっと喋らない人も困りますね。

 

ある程度自分とあった『間』をもっている人があなたにとって心地良いのではないでしょうか?。

 

お互いに相手の話を聞き合ったり出来る良好な『間』を持っている人が、良い人間関係を作っていっているのではないでしょうか。

 

 

 f:id:chimakenpapakun:20190310003450j:plain

 

 

そのような良い『間』を持っている人は必ず『間』を意識しているはずです。

 

あなたも日常生活において『間』を意識していけば、良い人間関係を作り上げ、より多くのことを学ぶでしょう。